スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホテルマンが使い分ける「小道具」の秘密
2007/06/20 23:13 [Wed]
category:ホテル
ホテルマンと言えば、さわやかな身だしなみと親切なサービスがモットー、そのため陰ではいろいろと地道な努力をしているもの。

たとえば、ベルボーイやフロント係などは、お得意様の体の特徴や趣味などを詳細にメモして、今後の対応に役立てているなんて話も聞く。

さて、メモをとるときや、身だしなみとしても欠かせないモノのひと
がボールペン。ホテルマンの使っているボールペンを、いちいちチェックする客はあまりいないだろうが、一流ホテルでは、これらの所持品ひとつにもスキを見せてはいけない。

都内にある某トップクラスのホテルには、ボールペンに関するこんな掟まである。

「ロビーサービスに携わる者は値段の安いボールペンを、高級レストランのスタッフは高価なボールペンを所持すること」

つまり、同じホテルマンでも、持ち場によって所持するボールペンの質を、変えなければいけないというのだ。


でもなぜ、ロビーサービスに携わる者は安いボールペンで、高級レストランのスタッフは高いボールペンなのか?

まず、ロビーサービスのスタッフに関しては、ひと言で言えばロビーにはさまざまな生活レベルの客層が集まるためだ。そこで見た目に高価とわかるボールペンをチラつかせると、不快に思うお客さんが出てこないともかぎらない。もちろん、1本数十円程度の見るからに安っぽいボールペンでは、ホテルそのものを安っぽく見せてしまうから、そこのところは慎重に選ぶ必要がある。

要するに、ここで言う「安い」は、誰でも気軽に手に入れられる程度の平均的な値段、という意味の安さにはかならない。

逆に、高級レストランのスタッフが高価なボールペンをもつべき理由は、たぶんもうおわかりだろう。フレンチレストランなど単価の高いレストランに集まるのは、一定ランク以上のリッチな客層か、そうでなくても、みな高級感を求めてやってくる、という点で共通しているからだ。そこで、ボールペンひとつにも高級感を意識する。

ただし、ここでもキラキラした飾りつきなど、ボールペンだけ浮き上がるようなこれみよがしのものはダメ。ブランドであっても、シックで品の良いモノ、これが絶対条件となる。「ホテルマンは、目立ちすぎて、お客様に強烈な印象を与えてはいけない」ため高級ブランドもさりげなくもつのが、一流ホテルマンの良識と言えそう。

スポンサーサイト
でもなぜ、ロビーサービスに携わる者は安いボールペンで、高級レストランのスタッフは高いボールペンなのか?

まず、ロビーサービスのスタッフに関しては、ひと言で言えばロビーにはさまざまな生活レベルの客層が集まるためだ。そこで見た目に高価とわかるボールペンをチラつかせると、不快に思うお客さんが出てこないともかぎらない。もちろん、1本数十円程度の見るからに安っぽいボールペンでは、ホテルそのものを安っぽく見せてしまうから、そこのところは慎重に選ぶ必要がある。

要するに、ここで言う「安い」は、誰でも気軽に手に入れられる程度の平均的な値段、という意味の安さにはかならない。

逆に、高級レストランのスタッフが高価なボールペンをもつべき理由は、たぶんもうおわかりだろう。フレンチレストランなど単価の高いレストランに集まるのは、一定ランク以上のリッチな客層か、そうでなくても、みな高級感を求めてやってくる、という点で共通しているからだ。そこで、ボールペンひとつにも高級感を意識する。

ただし、ここでもキラキラした飾りつきなど、ボールペンだけ浮き上がるようなこれみよがしのものはダメ。ブランドであっても、シックで品の良いモノ、これが絶対条件となる。「ホテルマンは、目立ちすぎて、お客様に強烈な印象を与えてはいけない」ため高級ブランドもさりげなくもつのが、一流ホテルマンの良識と言えそう。

スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://gyoukainohimitu.blog109.fc2.com/tb.php/6-50ac5c39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
スポンサー広告1

スポンサー広告2

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサー広告3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。