スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウエイターのサービスの秘密
2007/06/20 23:10 [Wed]
category:飲食業
ある程度きちんとしたレストランでは、料理を運ぶとき、お山やグラスの持ち方が細かく決められているという。

ここで紹介するのは、あるイタリア料理店のケースだ。

たとえば、ひとつのテーブルに3人座っていたら、料理は3人同時に出すのが親切。そのためには、3つの皿を同時に遊ぶ必要がある。しかし、何人ものウエイターをひとつのテーブルに集中させるわけにもいかない。

そこで、1人で同時に3つの皿を運ぶ、という技が要求されることになる。まず、1枚目の皿を左手でもつ。次に2枚目の皿を左腕に載る。このとき、2枚目の皿のふちが1枚日の皿に少し重なるようにし、さらに、逆側のふちを左腕のひじの内側のところで押さえ気味にすると、バランスよくおさまるのだ。3枚日日の皿は右手でもてばいい。

では、4枚だったら1枚目を左手の親指と人差し指ではさんでもち、さらに2枚目を人差指と中指の間にはさむ。3枚目は左腕に乗せ、1枚目は右手でもつ。


どうやら、左手に集中してもち、右手には1枚しかもたないというのが基本らしい。なぜ、右手には1枚だけなのかというと、右手を使って順番に、左腕に載せた皿をテーブルに置いていくからだじもし、右手にたくさんもってしまったら、テーブルに血を置けないという事態になってしまう。

ちなみに、5枚以上のときは二度に分けて運ぶとのこと。

一方、グラスの運び方にもマニュアルがある。グラスはもちろんお盆に載せて運ぶのだが、倒れやすい背の高いグラスは自分に近い側に載せて運ぶのが鉄則。この位置からなら、もしもグラスが倒れて飲物がこぼれても、お客様にはかかりにくいからだ。

そして、これらのマニュアルの中でも圧巻なのが、グラスの置き方のマニュアル。(グラスなんて、ただテーブルに置くだけじゃないか)と思うのは、シロウトのあさはかさ。実は、グラスの置き方にこだわるかどうかで、サービスの質がわかってしまうほどの気配りが隠されているのだ。

どういうことかというと、グラスを置くときは、最初に、小指をテーブルにつけてからグラスを置くのが、店の鉄則。(なんでまたそんなことを?)と思うかもしれないが、これには深~い理由がある。
 つまり、グラスを直接テーブルに置くと、音がして乱暴な感じがするが、小指をついてワンクッション置けば、静かに置くことができるというわけだ。

スポンサーサイト
どうやら、左手に集中してもち、右手には1枚しかもたないというのが基本らしい。なぜ、右手には1枚だけなのかというと、右手を使って順番に、左腕に載せた皿をテーブルに置いていくからだじもし、右手にたくさんもってしまったら、テーブルに血を置けないという事態になってしまう。

ちなみに、5枚以上のときは二度に分けて運ぶとのこと。

一方、グラスの運び方にもマニュアルがある。グラスはもちろんお盆に載せて運ぶのだが、倒れやすい背の高いグラスは自分に近い側に載せて運ぶのが鉄則。この位置からなら、もしもグラスが倒れて飲物がこぼれても、お客様にはかかりにくいからだ。

そして、これらのマニュアルの中でも圧巻なのが、グラスの置き方のマニュアル。(グラスなんて、ただテーブルに置くだけじゃないか)と思うのは、シロウトのあさはかさ。実は、グラスの置き方にこだわるかどうかで、サービスの質がわかってしまうほどの気配りが隠されているのだ。

どういうことかというと、グラスを置くときは、最初に、小指をテーブルにつけてからグラスを置くのが、店の鉄則。(なんでまたそんなことを?)と思うかもしれないが、これには深~い理由がある。
 つまり、グラスを直接テーブルに置くと、音がして乱暴な感じがするが、小指をついてワンクッション置けば、静かに置くことができるというわけだ。

スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://gyoukainohimitu.blog109.fc2.com/tb.php/5-946f74bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
スポンサー広告1

スポンサー広告2

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサー広告3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。