スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クレジットカード審査の意外な落とし穴の秘密
2007/06/28 12:23 [Thu]
category:サービス
クレジットカードとか生命保険は、勧誘されたときに作るほうが、審査が通りやすいと言われる。いつでも受け付けますなんて宣伝して、申込書もあちこちに置いてあるが、いざいきなり申し込んでみると、カードの場合、断られることがある。

いまどき、1枚もカードを持っていない社会人はあまりいないので、あえて自分から申し込むのは、ほかのカードが使えなくなったなど、何か理由のある人のケースが多い。個人の自己破産ブーム(?)で大きな損失を生んでいるカード会社としては、客を選ばざるをえないから、どうしても審査が厳しくなる。

そこで、少しでも審査を通りやすくしたいのなら、普通頭金口座のある銀行に行って、10万円でもいいから定期預金を組み、ついでに毎月5000円でも積立てをしたい、と窓口に行くのがいい。最近は定期預金も機械でできるが、絶対に窓口に行くこと。

そして、手続がひととおりすんだときに、行員が「お客様、ご一緒にクレジットカードをお作りになりませんか」と言ってきたら、しめたもの。どこの銀行も系列のカード会社を持っていて、その会員獲得がノルマとして各店に課せられている。そのノルマは、支店内では各行員ごとに分割されている。
銀行にとっては、定期預金を組みに来た人は、カモがネギをしょって来たようなもので、たとえカードをすでに持っていても、「もう一枚あると便利ですよ」なんて言いながら、申込書の作成を勝手に始めてしまったりする。

もし、何もすすめられなかったら、そのへんにあるポスターやパンフレットを見て「これ便利そうですね」とひと言。「お作りになりますか」と絶対に言うはずである。こうして、銀行で勧誘された形で申し込めば、銀行の紹介という扱いになって、過去によほど悪い事故でも起こしていないかぎりは審査が通る可能性が高い。

しかし、この方法にも落とし穴がある。ときにはゴールドカードを作らされてしまうのだ。会費は普通のカードの倍以上で、利用できる限度額は普通のよりも高いが、現実には外見がやたらに豪華で、それでいて中身はほとんど広告だけの機関誌を送ってくるだけということも。そんなわけで、会員になる人が少ないので、しつこくすすめるというわけだ。

限度額が高いとはいえ、最後に払うのは自分なんだから、要は同じである..J持っている
とステイタスにはなるだろうが
スポンサーサイト
銀行にとっては、定期預金を組みに来た人は、カモがネギをしょって来たようなもので、たとえカードをすでに持っていても、「もう一枚あると便利ですよ」なんて言いながら、申込書の作成を勝手に始めてしまったりする。

もし、何もすすめられなかったら、そのへんにあるポスターやパンフレットを見て「これ便利そうですね」とひと言。「お作りになりますか」と絶対に言うはずである。こうして、銀行で勧誘された形で申し込めば、銀行の紹介という扱いになって、過去によほど悪い事故でも起こしていないかぎりは審査が通る可能性が高い。

しかし、この方法にも落とし穴がある。ときにはゴールドカードを作らされてしまうのだ。会費は普通のカードの倍以上で、利用できる限度額は普通のよりも高いが、現実には外見がやたらに豪華で、それでいて中身はほとんど広告だけの機関誌を送ってくるだけということも。そんなわけで、会員になる人が少ないので、しつこくすすめるというわけだ。

限度額が高いとはいえ、最後に払うのは自分なんだから、要は同じである..J持っている
とステイタスにはなるだろうが
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://gyoukainohimitu.blog109.fc2.com/tb.php/46-945ce80e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
スポンサー広告1

スポンサー広告2

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサー広告3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。