スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当選確率がグンとアップする懸賞ハガキの出し方の秘密
2007/06/25 11:08 [Mon]
category:未分類
どうせ懸賞で当たるなら、デッカイものに当たってみたいと誰でも思う。
「1000万円が当たります。」「世界一周旅行にご招待。」なんて、夢も大きく膨らむ
ではないか。

でも、ある食品メーカーが「1000万円が毎月1名に当たる」という懸賞を募集したら、合計500万人の応募があったというから、宝くじに当たるよりも確率は低いくらいである。

その中で勝ち抜こうと思うのなら、それなりの資金と作戦が必要だ。
資金といっても、必要なのはハガキ代。1通で当てようと思うのは、もちろん甘い。本気で当たりたいのなら、100枚は出すべきだろう。しかし、その100枚を同じ日に同じポストに入れたのでは、なんのための100枚かわからない。

宝くじは前後賞もあるから連番でまとめて買う人が多いが、懸賞では「まとめて」はタプーなのである。
実は、募集した企業では、何万枚も届いたハガキを、100枚とか200枚ごとに束にし、それを段ボール箱に入れていく。その段ボール箱が、何十、何百とたまっていくわけである。

そして抽選の日が来たら、まずたくさんの箱の中から1箱を選び、その中から1枚を選ぶ。2名に当たる場合は、2箱選んで、それぞれから1枚というケースが多い。

どの箱に自分のハガキが入るかで、まず運命は決まる。となると、できるだけ多くの箱にバラバラに入っていたほうが、当たる確率は高くなることは子供でもわかる。

それには、応募ハガキをまとめて出すのではなく、日を分け、さらに家の近くのポスト、駅前のポスト、会社の近く、という具合にあちこちのポストから投函すれば、それだけ相手先にバラバラに届き、いくつもの段ボール箱に分散される碓率が高くなる。

もし自分のハガキの入った段ボールが選ばれたら……。5万分の1から1万分の1くらいには確率は高くなるだろう。

だからといって、実際に当たるかどうかは運しだいなのだが、それくらいの努力はしてみてもいいのでは?
スポンサーサイト
実は、募集した企業では、何万枚も届いたハガキを、100枚とか200枚ごとに束にし、それを段ボール箱に入れていく。その段ボール箱が、何十、何百とたまっていくわけである。

そして抽選の日が来たら、まずたくさんの箱の中から1箱を選び、その中から1枚を選ぶ。2名に当たる場合は、2箱選んで、それぞれから1枚というケースが多い。

どの箱に自分のハガキが入るかで、まず運命は決まる。となると、できるだけ多くの箱にバラバラに入っていたほうが、当たる確率は高くなることは子供でもわかる。

それには、応募ハガキをまとめて出すのではなく、日を分け、さらに家の近くのポスト、駅前のポスト、会社の近く、という具合にあちこちのポストから投函すれば、それだけ相手先にバラバラに届き、いくつもの段ボール箱に分散される碓率が高くなる。

もし自分のハガキの入った段ボールが選ばれたら……。5万分の1から1万分の1くらいには確率は高くなるだろう。

だからといって、実際に当たるかどうかは運しだいなのだが、それくらいの努力はしてみてもいいのでは?
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://gyoukainohimitu.blog109.fc2.com/tb.php/39-97ab6cde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
スポンサー広告1

スポンサー広告2

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサー広告3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。