スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

賞金1000万円も夢じゃない懸賞に当たる裏技の秘密
2007/06/25 11:05 [Mon]
category:飲食業
景品規制法という法律で、かつては景品・賞金の上限は100万円とされていた。それが、法改正によって一気に1000万円に上がったのは1996年4月から。こういう規制緩和は大歓迎だ。と言いたいところだが、各企業が出す、そうした賃金・景品のコストが増え、商品の価格に影響を与えたりしないのだろうか? 真偽のほどはわからないが、もしそうならばなおのこと「当たらなければソン」ということになる。

世の中には、そうした懸賞に応募するのが趣味の人もいて、サークルがあったり専門の雑誌も出ているほど。そんな世界をちょっとのぞいてみると、そこには当たるためのノウハウがいくつか紹介されている。

たとえば、テレビのコマーシャルや新聞の全面広告を使っている、クルマや海外旅行などの豪華商品や商衝賞金の懸賞は狙わない。
これは、大企業が新製品のキャンペーンのひとつとしてやるものだが、大々的に宣伝して募集しているので応募する人も多く、当たる確率は低い。通はそんなのには応募しない。ハガキ代がムダになるだけ。狙い目は、各雑誌などの 「本誌読者30名様にプレゼント」といった小規模なもの。これはかなり当たる確率が高いようだ。

とりわけ狙い目なのは、男性誌。男性は女性に比べると、応募ハガキをまめに書く人は少ない。だから倍率が低いのである。読み終わった雑誌は奥さんなり彼女に渡し、懸賞があったらハガキを出しておくように頼んでおくと、けっこう当たるかもしれない。

さらにもっともチャンスが多いと思われるのが、スポーツ新聞や夕刊紙。電車の中で読んで、駅で捨ててしまい、家まで持ち帰る人は少ないから、発行部数が多いわりに応募する人が少なく倍率も低い。それでいて、意外に懸賞募集の記事が多いのだ。

また、クレジットカードの会員になると、毎月のように会員誌が送られてくるが、自分で読みたくてとっている雑誌ではないので、興味を持って読む人はあまりいない。だから、そこに載っている懸賞に応募する人も少ないので狙い目。

クイズやアンケートに答えるものでも、ただ名前と住所を番けばいいものでも、いずれにしろ、字は丁寧に。そして、ちょっとしたコメントをつけたり、色つきのイラストをそえたりして目立つようにすると、当たる確率が高いともいう。

しかし、これはせいぜい数百人しか応募しないものの場合。何千人、何万人もが応募する大規模なものは、1枚ずつ読んだりしないから、凝ったものにしても無駄であろう。
スポンサーサイト
とりわけ狙い目なのは、男性誌。男性は女性に比べると、応募ハガキをまめに書く人は少ない。だから倍率が低いのである。読み終わった雑誌は奥さんなり彼女に渡し、懸賞があったらハガキを出しておくように頼んでおくと、けっこう当たるかもしれない。

さらにもっともチャンスが多いと思われるのが、スポーツ新聞や夕刊紙。電車の中で読んで、駅で捨ててしまい、家まで持ち帰る人は少ないから、発行部数が多いわりに応募する人が少なく倍率も低い。それでいて、意外に懸賞募集の記事が多いのだ。

また、クレジットカードの会員になると、毎月のように会員誌が送られてくるが、自分で読みたくてとっている雑誌ではないので、興味を持って読む人はあまりいない。だから、そこに載っている懸賞に応募する人も少ないので狙い目。

クイズやアンケートに答えるものでも、ただ名前と住所を番けばいいものでも、いずれにしろ、字は丁寧に。そして、ちょっとしたコメントをつけたり、色つきのイラストをそえたりして目立つようにすると、当たる確率が高いともいう。

しかし、これはせいぜい数百人しか応募しないものの場合。何千人、何万人もが応募する大規模なものは、1枚ずつ読んだりしないから、凝ったものにしても無駄であろう。
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://gyoukainohimitu.blog109.fc2.com/tb.php/38-e3059fd9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
スポンサー広告1

スポンサー広告2

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサー広告3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。