スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホテルのバイキングで一番得する食べ物の選び方の秘密
2007/06/25 12:10 [Mon]
category:ホテル
「ファミリーレストランは人を食うところだ」こんなことが言われた時期があった。
「人を食う」といっても、べつに人間の肉がハンバーグに混ざっていたなんてことではない。原価である食材の値段よりも、人件費のほうが高いのを皮肉って言ったのである。

実際のところ、値段の3割が食材、3割が人件費、残りの4割が租利というのが、ファミリーレストランの経営構造らしい。
ほかのレストランも、そう大差はない構造である。となると、レストランが儲けるには、食材費か人件費のどちらかを削るしかない。
しかし食材をケチると、当然、味に響き、客が離れてしまう。人件費を削っても、サービスが悪いと文句を言われる。

そこでファミレスに登場したのが、ドリンクバーである。
飲み放題ならセルフサービスでも誰も文句を言わない。レストランで手間がかかるのは、注文を聞いて運ぶことだから、飲み物を運ぶ手間がなくなるだけでも、かなり省力化できる。ウエイターは、料理だけを遊び、使った食器を下げればいいわけだ。客は飲み放題だというので得したと思っているが、実は店のほうだってしっかり儲けているのである。
飲みものだけではなく、食べものも客が自分で取りに行くのがバイキング。これも人気がある。
では、ホテルなどのバイキングで、十分に元をとるには何を食べたらいいのか。
まず、飲み物は頼まないこと。いくら食べ放題でも、飲み物は別料金。たくさん食べさせて、たくさん飲ます、というのもホテル側の手なのだ。それに乗せられてはいけない。

そして、決め手はローストビーフ。ほかの料理は、ただ大きな器に盛ってあって、勝手にとればいいのに、ローストビーフだけは、ちゃんとコックさんがいて、1人前ずつ切り分けてお皿に盛ってくれる。
ちょっとリッチな気分にはなれるが、反面さすがに何度もおかわりLに行くのは、ちょっと恥ずかしく、たいがいの人が一度か二度ぐらいとなる。

もし、ローストビーフを食べ放題されると、これはさすがに赤字になってしまうから、コックをつけて、おかわりしないように牽制しているのである。

これを逆手にとれば、ホテルのバイキングで元をとる方法はおのずと見えてくるだろう。
恥も外聞も捨て、ひたすらローストビーフを食べまくることだ。
スポンサーサイト
飲みものだけではなく、食べものも客が自分で取りに行くのがバイキング。これも人気がある。
では、ホテルなどのバイキングで、十分に元をとるには何を食べたらいいのか。
まず、飲み物は頼まないこと。いくら食べ放題でも、飲み物は別料金。たくさん食べさせて、たくさん飲ます、というのもホテル側の手なのだ。それに乗せられてはいけない。

そして、決め手はローストビーフ。ほかの料理は、ただ大きな器に盛ってあって、勝手にとればいいのに、ローストビーフだけは、ちゃんとコックさんがいて、1人前ずつ切り分けてお皿に盛ってくれる。
ちょっとリッチな気分にはなれるが、反面さすがに何度もおかわりLに行くのは、ちょっと恥ずかしく、たいがいの人が一度か二度ぐらいとなる。

もし、ローストビーフを食べ放題されると、これはさすがに赤字になってしまうから、コックをつけて、おかわりしないように牽制しているのである。

これを逆手にとれば、ホテルのバイキングで元をとる方法はおのずと見えてくるだろう。
恥も外聞も捨て、ひたすらローストビーフを食べまくることだ。
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://gyoukainohimitu.blog109.fc2.com/tb.php/36-a73d0e0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
スポンサー広告1

スポンサー広告2

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサー広告3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。