スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忘れ物を見つけても連絡しない一流ホテルの秘密
2007/06/23 12:10 [Sat]
category:ホテル
たとえば、A氏という人物が、前口宿泊したホテルにセーターを忘れてきたとする。

帰宅後、A氏が荷物を広げたところ、セーター行方不明の事態に気づく。(しまった!)と、その日、一日を振り返ってみるものの、記憶はおぼろげ。ホテルの部屋に置き忘れてきたような気もするし、チェックアウト時は肩にセーターを巻きつけていたような気もするし……。

そんなとき (○○ホテルは一流だし、忘れ物があれば親切に連絡してきてくれるだろう。とりあえず待ってみるか)などと、のんびりかまえているようでは、セーターはずっと行方不明のまま。

ではどうすればいい?

何はさておきホテルに連絡。ホテルに忘れた可能性が少しでもあるようなら、それが正解だ。待っていたところで、向こうからの連絡は来ないからである。
なぜなら、一流と言われるホテルほど、普通 『お客様の忘れ物をお預かりはするが、原則的に連絡はしない』という忘れ物対策マニュアルがあるからだ。ホテルともあろうところがそんな気遣いもしてくれないなんて、などと怒るのは早い。

もちろんそこには深いワケがあった。早い話が、お客もいろいろ、宿泊の目的や事情もいろいろ、ということは100人のお客がいれば、100とおりの宿泊のパターンがある。

たとえば、ありがちなのがオヤジの愛人同伴お忍び旅行というパタン。そんなお客の忘れ物を知らせるために、オヤジの家族に連絡をとってしまったら? その1本の電話からすったもんだになる可能性は大。「私にナイシヨで若い女となんか!」と逆上する妾。シドロモドロで言葉も返せない夫。こうなると小さな親切もただの迷惑でしかなくなる。

ホテル側はそのお客に恨まれ、二度と利用してもらえなくなるかもしれない。ほかにも、親にはナイショの若者カップル客、会社にも妻にもナイショのおさぼり旅行客など、宿泊を知られたくない諸事情をかかえたお客はけっこういるものだ。

それにワケありでなくても、使用済みの下着の忘れ物などは、たぶん連絡したところで迷惑がられるだけだろう。要は、必要な忘れ物ならお客側から速やかに連絡をとればいいのだ。もしホテルにあれば、必ず丁寧に保管しておいてくれることは間違いない。

これもl一流ならではの気遣いと言えよう。
スポンサーサイト
なぜなら、一流と言われるホテルほど、普通 『お客様の忘れ物をお預かりはするが、原則的に連絡はしない』という忘れ物対策マニュアルがあるからだ。ホテルともあろうところがそんな気遣いもしてくれないなんて、などと怒るのは早い。

もちろんそこには深いワケがあった。早い話が、お客もいろいろ、宿泊の目的や事情もいろいろ、ということは100人のお客がいれば、100とおりの宿泊のパターンがある。

たとえば、ありがちなのがオヤジの愛人同伴お忍び旅行というパタン。そんなお客の忘れ物を知らせるために、オヤジの家族に連絡をとってしまったら? その1本の電話からすったもんだになる可能性は大。「私にナイシヨで若い女となんか!」と逆上する妾。シドロモドロで言葉も返せない夫。こうなると小さな親切もただの迷惑でしかなくなる。

ホテル側はそのお客に恨まれ、二度と利用してもらえなくなるかもしれない。ほかにも、親にはナイショの若者カップル客、会社にも妻にもナイショのおさぼり旅行客など、宿泊を知られたくない諸事情をかかえたお客はけっこういるものだ。

それにワケありでなくても、使用済みの下着の忘れ物などは、たぶん連絡したところで迷惑がられるだけだろう。要は、必要な忘れ物ならお客側から速やかに連絡をとればいいのだ。もしホテルにあれば、必ず丁寧に保管しておいてくれることは間違いない。

これもl一流ならではの気遣いと言えよう。
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://gyoukainohimitu.blog109.fc2.com/tb.php/3-f2a6e7b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
スポンサー広告1

スポンサー広告2

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサー広告3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。