スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エレベーターの脇にある「鏡」の隠された秘密
2007/06/21 15:27 [Thu]
category:サービス
3階、4階以上のビルだと、エレベーターがあるのが当たり前と、便利な世の中になったもの。
しかしなかには、やたらにイライラするエレベーターがある。

洗練されたデザインのビルに多いのだが、そのエレベーターがいま何階にいるという表示がないものだ。
扉が開くまでに、実際には20秒しかかからなかったとしても、2分くらい待たされたような気になってしまう。心理的な錯覚にすぎないのだが、そういうエレベーターの設計者はこの心理学の原則を知らないようである。

なかでも、人をイライラさせるので悪名高いのが、霞ヶ関の東京地裁と高裁のビルだと言われている。
階数表示がないために、裁判を前にしてただでさえ不安定な心理状態にある人々が、余計にイライラしながら待つことになる。

お役所ならそれでもいいのかもしれないが、客商売のデパートはそうはいかない。お客様が気持ちよく買い物できる環境をつくるのが絶対条件。階数表示のないエレベーターはまずない。

それでも、客は得たされると、やはりイライラする。
そこで考えたのが鏡。デパートのエレベーターホールに、よく鏡が設置されているのにお気づきだろうか。なかには、エレベーターのドアそのものがツルツルの金属でできていて、鏡のようになっているところもある。

不思議なもので、毎日見ている自分の姿でも、人というのは飽きないものらしい。ただの壁だとイライラするけど、鏡にしておけば、洋服が乱れていないかとか、お化粧が崩れていないかのチェックをしたりして、エレベーターが来るまでの数十秒から数分なんてあっという間に過ぎてしまうというわけ。

同じ理屈で、お年寄りや子供もいるからとの理由で、普通の人には遅く感じる速度にしてあるエスカレーターも、その壁を鏡にしておけば遅いという苦情は来ないそうだ。

みんな、自分の顔やスタイルに自信があるのか、鏡でチェックするのが好きらしい。デートの待ち合わせにエレベーターホールなんていうのもいいかもしれない。それなら相手がちょっとくらい遅れても、そんなに気にならないのでは。
スポンサーサイト
お役所ならそれでもいいのかもしれないが、客商売のデパートはそうはいかない。お客様が気持ちよく買い物できる環境をつくるのが絶対条件。階数表示のないエレベーターはまずない。

それでも、客は得たされると、やはりイライラする。
そこで考えたのが鏡。デパートのエレベーターホールに、よく鏡が設置されているのにお気づきだろうか。なかには、エレベーターのドアそのものがツルツルの金属でできていて、鏡のようになっているところもある。

不思議なもので、毎日見ている自分の姿でも、人というのは飽きないものらしい。ただの壁だとイライラするけど、鏡にしておけば、洋服が乱れていないかとか、お化粧が崩れていないかのチェックをしたりして、エレベーターが来るまでの数十秒から数分なんてあっという間に過ぎてしまうというわけ。

同じ理屈で、お年寄りや子供もいるからとの理由で、普通の人には遅く感じる速度にしてあるエスカレーターも、その壁を鏡にしておけば遅いという苦情は来ないそうだ。

みんな、自分の顔やスタイルに自信があるのか、鏡でチェックするのが好きらしい。デートの待ち合わせにエレベーターホールなんていうのもいいかもしれない。それなら相手がちょっとくらい遅れても、そんなに気にならないのでは。
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://gyoukainohimitu.blog109.fc2.com/tb.php/26-b14db5a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
スポンサー広告1

スポンサー広告2

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサー広告3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。