スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「当店だけの5年間保証」と「値段」の意外な秘密
2007/06/21 15:20 [Thu]
category:物販
たいがいの家電製品は、メーカーの保証期間が1年となっている。これは、買った目から1年ということだ。
ある時期、ディスカウントショップで売られているものには、メーカーの保証書がついいなかったこともあったが、最近はそんなことはまずない。

デパートで定価で買おうが、スーパーで買おうが、量販店で買おうが、あるいはディスカウントショップで買おうが、みんな同じ。
そこで差別化をはかるため、最近はメーカー保証1年に加え、「当店独自の保証期間」というのを歌い文句にしている店も出てきた。

さらに、サービス部門を設けて、故障したら主張修理サービスを行うのを売り物にしている店もある。当然、そういう店は、安売りを看板にしている景販店であっても、ディスカウントショップよりは高い。だが、「信頼」を売り物にすることに成功して、けっこう繁盛しているようである。
「5年間保証する」と言われ、さらに壊れたら見に来てくれるとなると、客のほうはなんとなく安心するし、それならここで買おうかという気にもなる。昔の機械なら、お父さんでもネジまわしとトンカチとハンダがあれば擬せたが、最近のハイテク家電では、お手上げとなってしまうからだ。

一見客側に大きなメリットがありそうなサービスだが、実は、たとえばもっとも数の出るビデオデッキでも、5年以内に修理を求められるのは、せいぜい3パーセントにすぎないという。それくらいの率なら、5年保証や出張修理サービスを付けて、多少高く売ったほうが、店側としては儲けになるというわけだ。

その3パーセントの人たちは、無料で修埋してもらえて得したかもしれないが、残りの97パーセントの人は、もしかしたら壊れるかも、という不安の解消代として数千円から数万円も高い買い物をしたわけで、結局は損をしたことになってしまう。

ギャンブルと考えれば、かなり割の悪いギャンブルである。きわめて大ざっぱな日日安だけど、同じ製品で5年保証がつく店とつかない店とで、3パーセント以上価格に差があるのなら、安い店で買ったほうが得と言えるのではないだろうか。

もし故障して修理が必要になったとしても、ものによっては、修理代にわずかにプラスすれば新製品が手に入るということもあるのだから。
スポンサーサイト
「5年間保証する」と言われ、さらに壊れたら見に来てくれるとなると、客のほうはなんとなく安心するし、それならここで買おうかという気にもなる。昔の機械なら、お父さんでもネジまわしとトンカチとハンダがあれば擬せたが、最近のハイテク家電では、お手上げとなってしまうからだ。

一見客側に大きなメリットがありそうなサービスだが、実は、たとえばもっとも数の出るビデオデッキでも、5年以内に修理を求められるのは、せいぜい3パーセントにすぎないという。それくらいの率なら、5年保証や出張修理サービスを付けて、多少高く売ったほうが、店側としては儲けになるというわけだ。

その3パーセントの人たちは、無料で修埋してもらえて得したかもしれないが、残りの97パーセントの人は、もしかしたら壊れるかも、という不安の解消代として数千円から数万円も高い買い物をしたわけで、結局は損をしたことになってしまう。

ギャンブルと考えれば、かなり割の悪いギャンブルである。きわめて大ざっぱな日日安だけど、同じ製品で5年保証がつく店とつかない店とで、3パーセント以上価格に差があるのなら、安い店で買ったほうが得と言えるのではないだろうか。

もし故障して修理が必要になったとしても、ものによっては、修理代にわずかにプラスすれば新製品が手に入るということもあるのだから。
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://gyoukainohimitu.blog109.fc2.com/tb.php/23-94c11bee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
スポンサー広告1

スポンサー広告2

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサー広告3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。