スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モデルルームを広く見せる秘密
2007/06/21 15:00 [Thu]
category:不動産
人間の一生の中で最大の買い物と言えば、やはり「家」。モノとしての人ききもさることながら、金額も大きい。
しかも相手となるのが、不動産屋である。いい不動産屋もたくさんいるが、「悪徳」と上につく不動産屋も多いらしく、そうした事件はマスコミによく登場するので、どうしてもかまえてしまう。

必要以上に疑う必要もないが、たしかに、いろいろと、うさんくさいことが多いのも事実。
いくら通信販売の時代だからと、家やマンションを現物も見ないで買う人はいないだろうが、実際に見る場合にも、気をつけないといけないことがある。

マンションの場合、売り出されて間もないころは、まだ建物はできていない。そこでモデルルームを見て判断し、契約することになるのだが、これがクセモノなのである。

モデルルームというだけあって、いかにもよくできている。まず、インテリアが凝っている。家具も理想的なものが配置されている。これにだまされてしまう人が多く、つい部屋ねえ〟と思ってしまう。この場合、「いい」 のは部屋ではなく家具なのだが、客のほうはそんなことに気づかない。

たいがいのモデルルームに置いてある家具は、部屋を広く見せるために、普通のものよりもひと回りサイズを小さくしている。ベッドなど、男性が横になってみると、足がはみ出してしまったり、実際にはとても4人も座れないようなテーブルだったりする“家具を買うときは、ベッドなら横になったり、椅子なら実際に座ってみるものだが、モデルルームの場合、そこまでする人はあまりいないようだ。

むしろ、家具のない状態の部屋を見せてくれたほうがいいのだが、不思議なもので、何もないよりも、家具を入れたほうが広く見えるものなのだ。
頭の中で、家具がなくなった状況を想像し、次に、実際に持っている家具をどこにどう置いたらどんな感じかを想像するという、二段階の思考が必要とされる。

そのためにも、事前に主要な家具の寸法をはかり、図面を元に、たいたいの配置をきめ、メジャーもちゃんと持参してどのラインまで家具がくるかを測るなどするのが、賢い方法である。

そうすると、業者のほうも、この客はなかなか慣れている、いいかげんなことでは納得しないぞ、と真剣に対応するようになってくるものだ。
スポンサーサイト
たいがいのモデルルームに置いてある家具は、部屋を広く見せるために、普通のものよりもひと回りサイズを小さくしている。ベッドなど、男性が横になってみると、足がはみ出してしまったり、実際にはとても4人も座れないようなテーブルだったりする“家具を買うときは、ベッドなら横になったり、椅子なら実際に座ってみるものだが、モデルルームの場合、そこまでする人はあまりいないようだ。

むしろ、家具のない状態の部屋を見せてくれたほうがいいのだが、不思議なもので、何もないよりも、家具を入れたほうが広く見えるものなのだ。
頭の中で、家具がなくなった状況を想像し、次に、実際に持っている家具をどこにどう置いたらどんな感じかを想像するという、二段階の思考が必要とされる。

そのためにも、事前に主要な家具の寸法をはかり、図面を元に、たいたいの配置をきめ、メジャーもちゃんと持参してどのラインまで家具がくるかを測るなどするのが、賢い方法である。

そうすると、業者のほうも、この客はなかなか慣れている、いいかげんなことでは納得しないぞ、と真剣に対応するようになってくるものだ。
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://gyoukainohimitu.blog109.fc2.com/tb.php/17-0f663ee1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
スポンサー広告1

スポンサー広告2

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサー広告3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。