スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

店員からどう見られているか、わかる秘密
2007/06/21 14:55 [Thu]
category:物販
生活指導の厳しい学校だと、職員室に入るときのおじぎの仕方まで、45度に体を倒すと決まっていたりする。さすがに、いまどきそんな学校は珍しくなったが、入学試験や就職の面接にそなえて、きちんとしたおじぎの仕方を指導するところは少なくない。

おじぎは礼儀の基本、そして、お店では、モノを売るという大目標を目指すための第一歩として、正しいおじぎの仕方を教えるのが、最初の店員教育である。

お店は学校の職員室と違い、入るほうではなく、中にいる人がおじぎをする。しかも、そのタイミングによって3種類ある。これを使い分けているかチェックすると、客扱いの上手な店か、あるいはあなた自身が客としてきちんと遇されているかを知ることができるのだ。

あなたがお店に入ったときのことを考えてみよう。
まず、入ったときに「いらっしゃいませ」と声をかけられるはず。そのとき、店員さんがふんぞりかえっていたら、そんな店では買う気がしないだろう。


といって、そこであまりにも深々とおじぎをされてしまうと、絶対に何か買わなければならないようなプレッシャーを感じ、かえって入りづらい。このときの正しいおじぎは15度程度。つまり、軽い会釈である。
店内に入ってあなたは、いろいろと商品を見ている。やがて、これはいいなと思うものがあって、手にとる。そして店員を探し、目が合った。

店員はこちらにやって来て「いらっしゃいませ。そちらの商品ですか?」と商談に入ろうとする。そのときのおじぎは30度。「ぜひお買い求めください」という気持ちを込めなければならない。

そこでめでたく商談成立、お買い上げが決まり、会計もすんだ。あなたの手には商品があり堂々と店を出ていく。
それを見送る店員の「ありがとうございました」のおじぎは45度。最敬礼というやつだ。

たとえ客が見ていなくても、そこまで深くおじぎをするのが、従業員のしつけのいい店である。このとき、「どうもー」なんて軽い会釈ですまされたら、何か損した気分になってしまうこともある。つまり、ちゃんと45度になっているかどうかで、あなたのことを本当にお客様と思っているかどうかがわかるというもの。

スポンサーサイト
といって、そこであまりにも深々とおじぎをされてしまうと、絶対に何か買わなければならないようなプレッシャーを感じ、かえって入りづらい。このときの正しいおじぎは15度程度。つまり、軽い会釈である。
店内に入ってあなたは、いろいろと商品を見ている。やがて、これはいいなと思うものがあって、手にとる。そして店員を探し、目が合った。

店員はこちらにやって来て「いらっしゃいませ。そちらの商品ですか?」と商談に入ろうとする。そのときのおじぎは30度。「ぜひお買い求めください」という気持ちを込めなければならない。

そこでめでたく商談成立、お買い上げが決まり、会計もすんだ。あなたの手には商品があり堂々と店を出ていく。
それを見送る店員の「ありがとうございました」のおじぎは45度。最敬礼というやつだ。

たとえ客が見ていなくても、そこまで深くおじぎをするのが、従業員のしつけのいい店である。このとき、「どうもー」なんて軽い会釈ですまされたら、何か損した気分になってしまうこともある。つまり、ちゃんと45度になっているかどうかで、あなたのことを本当にお客様と思っているかどうかがわかるというもの。

スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://gyoukainohimitu.blog109.fc2.com/tb.php/15-1d49cf1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
スポンサー広告1

スポンサー広告2

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサー広告3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。