スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホテルに正規の値段で泊まると損する秘密
2007/06/20 23:33 [Wed]
category:ホテル
ホテルの宿泊料は表向きの値段は変わらなくても、週末サービスとか、女性サービスとか、期間や対象を限定しての割引をしているところが多い。あるいはクレジットカード会社と提携して、その会員に半額になる券を配ったりしている。

そんなことして、はたして儲かるのだろうかと、他人ごとながら気になるが、人丈夫なんだそうだ。
というのも、日本のホテルは、宿泊よりもレストランなどの飲食店や宴会場での売上げのほうが、全体の売ししげの中の多くを占めている。
平均的なホテルでも、だいたい宿泊が3割で、残りの7割が宴会や飲食店の売上げなんだそうだ。

つまり、とにかくホテルに人が来てくれればいいのである。なるほど、半額の券をもらうと、「部屋代が安くなったから、食事は高いけどホテルの中でしょうか」なんて心理がつい働いてしまうものらしい。
そんなわけで、半額の宿泊券をバラまいても、全体の採算は合うらしい。とはいえ、宿泊部門だってそんなに安くはできない。

日本の場合は土地代や人件費が高いので、欧米と同じサービスをしようと思えば、同じ値段ではできないのだ。

そこで、最近のホテルは人件費節約のため、スタッフが1人で何役もこなしているんだとか。

まず、専門の電話交換手は置かない。ルームサービス、ランドリーサービスと、個別の仕事ごとに担当者かいるのではなく、そのときに手のあいているボーイがなんでもしなければならない。

こうして人件費の節約をする。ルームサービスを届けたと思ったら、「次は406号室に寄って、ランドリーの引き取りをしてくれ」なんて指令を出され、そちらに向かうという徹底ぶりである。

我々の知らないところでホテルのボーイさんたちは、駆けずり回っている。チップくらいはずんでほしいというのが本音らしい。
スポンサーサイト
そんなわけで、半額の宿泊券をバラまいても、全体の採算は合うらしい。とはいえ、宿泊部門だってそんなに安くはできない。

日本の場合は土地代や人件費が高いので、欧米と同じサービスをしようと思えば、同じ値段ではできないのだ。

そこで、最近のホテルは人件費節約のため、スタッフが1人で何役もこなしているんだとか。

まず、専門の電話交換手は置かない。ルームサービス、ランドリーサービスと、個別の仕事ごとに担当者かいるのではなく、そのときに手のあいているボーイがなんでもしなければならない。

こうして人件費の節約をする。ルームサービスを届けたと思ったら、「次は406号室に寄って、ランドリーの引き取りをしてくれ」なんて指令を出され、そちらに向かうという徹底ぶりである。

我々の知らないところでホテルのボーイさんたちは、駆けずり回っている。チップくらいはずんでほしいというのが本音らしい。
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://gyoukainohimitu.blog109.fc2.com/tb.php/14-8fc419af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
スポンサー広告1

スポンサー広告2

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサー広告3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。