スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モデルルームを広く見せる秘密
2007/06/21 15:00 [Thu]
category:不動産
人間の一生の中で最大の買い物と言えば、やはり「家」。モノとしての人ききもさることながら、金額も大きい。
しかも相手となるのが、不動産屋である。いい不動産屋もたくさんいるが、「悪徳」と上につく不動産屋も多いらしく、そうした事件はマスコミによく登場するので、どうしてもかまえてしまう。

必要以上に疑う必要もないが、たしかに、いろいろと、うさんくさいことが多いのも事実。
いくら通信販売の時代だからと、家やマンションを現物も見ないで買う人はいないだろうが、実際に見る場合にも、気をつけないといけないことがある。

マンションの場合、売り出されて間もないころは、まだ建物はできていない。そこでモデルルームを見て判断し、契約することになるのだが、これがクセモノなのである。

モデルルームというだけあって、いかにもよくできている。まず、インテリアが凝っている。家具も理想的なものが配置されている。これにだまされてしまう人が多く、つい部屋ねえ〟と思ってしまう。この場合、「いい」 のは部屋ではなく家具なのだが、客のほうはそんなことに気づかない。


[-続きを読む-]
スポンサーサイト
スポンサーサイト
マンション・アパート選びで失敗しない秘密
2007/06/20 23:19 [Wed]
category:不動産
不動産屋という商売は、土地や家の売買や貸借の斡旋業だから、製造業とも小売業とも違って、今はパソコンも必要だろうが、昔は机と電話だけあればできる商売だった。

資格が必要ではあるが、いいかげんな業者もいる。
では、どうやってそんな不動産屋を見抜けばいいか。新聞や雑誌に物件の広告を出しておいて、それを見て電話をかけると、「もっとほかにいい物件がありますよ」などと言う不動産屋は、まず信用しないほうがいい。そんないい物件があるのなら、そっちを広告に載せるべきではないか。

「早く決めないと、すぐにほかの人に決まってしまいます」というのも常套句。それに乗せられあわてて契約して、後で後悔するのはよくあること。」

賃貸ならともかく、購入する場合は、じっくり慎重に選ぶべきだ。バブルのころならともかく、そうすぐにほかの人に決まってしまうことはない。
 間取りばかりを口にして説明する業者も、あてにできない。



[-続きを読む-]

スポンサー広告1

スポンサー広告2

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサー広告3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。